2008年04月29日

増税、そして公共料金値上げ・・・

<公共料金>7〜9月の電気・ガス料金、大幅値上げへ 毎日新聞


ガソリン税の暫定税率は復活する見込みだというのに、今度は公共料金の値上げのニュース。

そりゃあ原油高で電気会社やらは厳しい状況なのでしょうけれども、一般消費者の暮らしは厳しくなる一方です。

私も含め、サラリーマン投資家の皆さんは、投資に回す資金で生活が苦しくなったりしたら本末転倒ですから、収支管理はしっかりしましょうね。
残業代やらである程度の上下はあるにせよ、基本的に給料として入ってくるお金はほとんど一定なのですから。。。


【PR】
物価上昇、気になる家計。自動車保険の見直しは【アクサダイレクト】へ
posted by yusan at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月26日

ガソリン値上げ?

レギュラー160円近くに 元売り各社、大幅に引き上げ 共同通信

5月1日から暫定税率が復活すのではないかという目算が高くなってきましたが、販売店にとってはこれはもう大混乱の種でしかないでしょう。

消費者にとっては一時的であれ安くガソリンが買えたというメリットがあったものの、販売店にとっては値下げや値上げのタイミングを間違えれば、売り上げや利益に大きな影響を及ぼすだけに、死活問題にもなりかねません。

これが、ねじれ国会のひとつのデメリットなのでしょうかねぇ。。。



【PR】
金・ガソリン・原油…。価格.comで商品先物取引を徹底比較!
posted by yusan at 01:39| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

ガソリンパニック

暫定税率の期限切れによって、全国各地のガソリンスタンドでは大幅な値下げが実施され、車が列をなすという状況が起こっているようです。

私自身は週末くらいしか車に乗らないので、ガソリン代が上がろうと下がろうと、家計に与える影響はさほど大きくないのですが、仕事で車を使う方にとっては大きなインパクトがあるでしょう。


さて、今回このような事態になったわけですが、福田首相の評価としては最悪のものだったのではないのでしょうか。

期限切れとなってしまうような求心力のなさが露呈しただけではなく、今回のガソリンの値下げによって社会的混乱を引き起こしてしまったのは事実ですし、今後再び暫定税率を適用した場合、国民にとっては「増税」と受け取られる可能性が高く、ガソリン税の引き下げが評価されたわけでもないのに、増税による評価の低下というリスクを負うことになってしまっているからです。


そんなガソリンパニックの中ですが、今日の株価は堅調に推移しましたね。
投資家にとっては、増税があろうとも、その税金の負担を上回る投資での利益を上げればよいだけなのです。

それが難しいのですけれどもね。


【PR】
登録無料・会員特典多数■新規・キャンセル物件情報・イベント■三菱地所
posted by yusan at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。