2007年08月27日

新内閣

安部新内閣は、保守的だとか、かわり映えがないだとかそういった評価が多いようですね。

確かに、目立った人事は舛添氏の厚生労働相就任くらいでしょうか。
安部総理に対して批判的な意見を示していた立場でありながら大臣に抜擢されるということは、それだけ世間からの評価も高く、またそういった人材がいてこそよい内閣になるという安部総理の判断なのでしょう。

まあ、そういった部分や、民間からも積極的な登用を行った部分は一定の評価ができる人事だったのではないでしょうか。

世間や外国人投資家がこれをどう判断するのか、明日の株価に織り込まれるのでしょうね。楽しみに待ちましょうか・・・


【PR】
Phillip Financials
posted by yusan at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。