2007年09月11日

家族だんらん法案?

「残業代出なかったら、さっさと帰る」舛添厚労相が持論 朝日新聞


こういう考え方を持っているから「だから政治家は何もわかっていない」というようなことを言われるのではないでしょうか。

確かに残業代を稼ぐために遅くまで残っているような人もいることはいるのでしょうが、大半のサラリーマンは「残業代がでなくなったら会社としては残業させ放題になり、さらに人数が少なくなって業務のしわ寄せがきて忙しくなる」と考えていることでしょう。私もそう思います。

なぜこんなに単純なことが理解できないのでしょうか。


まあ、この法案が通れば結果として企業での人員の合理化がおこなわれて、時間外労働に対して支払う賃金も削減できるので、経済効果が得られるという意味で「国」としてはメリットがあるのかもしれませんが、とてもじゃないですが、サラリーマンとしては賛同できない考え方ですね。


【PR】
Phillip Financials
posted by yusan at 22:55| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/54936305
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「残業代出なかったら、さっさと帰る」?
Excerpt: 「残業代出なかったら、さっさと帰る」舛添厚労相が持論(朝日新聞) - goo ニュース 残業代が出なければ、さっさと帰るのなら、私はどうなのでしょう? もちろん、周りも同じことです。 現実はそうじ..
Weblog: いつもマイペースで
Tracked: 2007-09-11 22:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。