2007年10月23日

赤福

親戚が三重に住んでいて、小さい頃からお土産として食べていた赤福。

甘すぎず好きなお土産物の一つだったのですが、さすがにあそこまでボロボロ出てくると、もう口にすることはできないのでしょうかね。

仮に、営業を再開したとしても、ここまで信頼を失った商品が今までのように売れることは考えられませんし、自分も食べる時にいろいろと疑ってしまいそうな気がします。


とはいえ、食品の偽装については、こんなものは氷山の一角に過ぎない気がしてなりません。
国にはぜひ、継続的かつ積極的に調査を進めてもらいたいと思う今日この頃です。


【PR】
Phillip Financials
posted by yusan at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。