2008年04月01日

ガソリンパニック

暫定税率の期限切れによって、全国各地のガソリンスタンドでは大幅な値下げが実施され、車が列をなすという状況が起こっているようです。

私自身は週末くらいしか車に乗らないので、ガソリン代が上がろうと下がろうと、家計に与える影響はさほど大きくないのですが、仕事で車を使う方にとっては大きなインパクトがあるでしょう。


さて、今回このような事態になったわけですが、福田首相の評価としては最悪のものだったのではないのでしょうか。

期限切れとなってしまうような求心力のなさが露呈しただけではなく、今回のガソリンの値下げによって社会的混乱を引き起こしてしまったのは事実ですし、今後再び暫定税率を適用した場合、国民にとっては「増税」と受け取られる可能性が高く、ガソリン税の引き下げが評価されたわけでもないのに、増税による評価の低下というリスクを負うことになってしまっているからです。


そんなガソリンパニックの中ですが、今日の株価は堅調に推移しましたね。
投資家にとっては、増税があろうとも、その税金の負担を上回る投資での利益を上げればよいだけなのです。

それが難しいのですけれどもね。


【PR】
登録無料・会員特典多数■新規・キャンセル物件情報・イベント■三菱地所
posted by yusan at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。